雅楽(福岡) 

福岡発雅楽:大宰府連雅会
雅楽器販売の連雅屋
雅楽器販売の連雅屋・福岡

神無月

あっという間の10月ですね~。更新もいい加減になってしまっていました。
フェイスブックでは毎日つれづれなるままに更新しているので興味のある方はお友達になりましょう☆

今日は新しい生徒さんがご入会なさいます。新しい趣味の世界、雅楽の世界を皆さんと生涯追い求めたいと思います。
時間が経つのはあっという間ですね。今日は朝からヴィヨンの妻を見ましたが、太宰治の放蕩の生涯に自分を重ね合わせてしまいました(笑)
ただ、女と酒にだらしがないのはいけません。実際に太宰の妾の子、治子さんはたいへんご苦労なさっていますから。

人に迷惑をかけずに放蕩の人生を歩んだ山頭火。
どうせ気ままに生きるなら、明るい方へ進まねばなりません。

明るい方へ、明るい方へ♪


秋の空

この季節はどうも物悲しくて苦手で。すでに冬の気配を感じ、死を感じ。

それだけにすやすや寝ている家族に囲まれている今の幸せが儚いものに感じ涙が出てしまいます。

花のいろはうつりにけりな

人様が周りにいるおかげでなんとか生かされている。そんなことを自覚させてくれる日本の四季が大好きです。


日々新たに

先週は、各地での演奏会や居合道の昇段審査などで大忙し。

おかげさまで居合の昇段をさせていただき、今年は剣道と共にダブルで昇段することができました。

演奏会の前日に熱中症になり、ピンチの場面もありましたが皆さまのお力添えのおかげで乗り越えることができました。

まだまだ演奏会は続きます。新たに杖道の世界にも入らせていただきます。雅楽においても新しい境地の開拓を考えております。

今日は疲れすぎて昼寝をしちゃいました。起きたら頭がスッキリです。さ~、さらにさらに頑張りますよ☆


遊び心

55歳で職場を辞める人がいれば、70歳を過ぎても働く人もいます。自分はいつまで働かなきゃならないんだろう、と昨日ぼんやり考えました。27歳から始めたお仕事。気がつけばもう41歳。あれから14年が経ちました。体が丈夫であれば寿命まで吹けるでしょうか。さすがにあと40年は難しいでしょうか。あと40回お正月を迎えればあっという間。

そう、人生はあっという間に過ぎ去ってしまいます。出し惜しみをせず、毎日を全力で生き切ること。過去を振り返ることなく、前だけを見て、目標を見失うことなく生命を燃やし尽くしたいものです。家族の支えの大きさを感じます。もし居なくなったら、と、想像するだけで虚無の風が心を吹き抜けます。自分はどんなに寂しい思いをしても耐えられますが、子供には笑顔のままでいてほしいというのが親心。

どうか、世界が平和でありますように。遊び心は、寂漠とした感情と表裏一体のもの。相反する心を抱き締めながら、みな歩いていきます。


笙の修理

笙が調律から戻ってきました。音は絶好調。やはり1年に一度は調律したいですね。リードにも色んな固さがあります。メンテナンスはいつでもご相談下さいませ。

連日の雅楽のお稽古で疲れ気味ですが、身体のメンテナンスもしっかりしながら乗り切りたいと思います。

さて、今日は朝から糸島教室。昼間は山から海を眺めながら自主練。これから深夜までまたお稽古です。毎日の地道なお稽古を20年、30年と積み重ねれば、きっと揺るぎないものになるでしょう。


夏の終わり

南島原の母の田舎に帰り、リフレッシュしてきました。精霊流しに、川遊び、海での素振りに、キリシタンの原城での龍笛奉納演奏、ピザ釜で料理。母のおかげで親子でリフレッシュできました。

3世代での交流は娘の心にもよい影響を与えると思います。親は先に逝きますからね。娘も母も、双方が喜ぶような休暇をと考えています。よい連鎖は、まだ見ぬ子孫にも受け継がれるはずです。

本日より、雅楽のお稽古を再開しております。よい休暇は仕事にも多大な影響を与えます。朝から晩まで頑張ります♪


殯(もがり)

昨年の今ごろは、田舎の叔父さんと墓参りに行きました。その叔父さんが他界したのでお盆は親族で見送りました。

船に提灯し付け、「なんまいだ~なんまいだ~」と唱えながら、爆竹を鳴らしながら海まで。長崎の風物詩です。

始めて見る光景に、娘は何を思ったでしょう。いずれはみんなサヨナラです。叔父さんとじっくりお話しておいてよかったです。静かに殯の時間を過ごしながら、しっかりと明日を見据えています。

お盆も普段と生活を変えず、竹刀を振り、龍笛を吹き、滝を浴びています。海の目の前にある田舎では庭で蟹が歩き、潮騒が聴こえます。こうした環境が娘の心や、未来に与える影響は大きいでしょう。

人の目線は一切気にせず、自分のペースをしっかり守りながら生きることができるよう、全力で応援したいと思います。


剣道昇段審査

昨日は剣道の昇段審査でございました。おかげさまで無事に昇段を果たすことができました。

疲れが一気に噴出しておりますが、気合いを入れ直して次に向かいたいと思います。

来月は居合道の審査。大宰府連雅会の雅楽演奏会出演や、ソロでの演奏会などイベント盛り沢山です。

土台にあるのは身体。身体の土台にあるのは精神ですから、心を磨き、音を磨き、技を磨き、命が燃え尽きるその日まで全力で生き抜きたいと思います。


オリンピック

日本選手、メダルラッシュですね♪明後日は、私の剣道の昇段審査なので励みになります。

私も41歳になり、もう若くはありません。身体のメンテナンスをしっかりしながら挑まねばなりません。

人生の輝ける時期は限られていると思います。20年、30年と同じ道を歩み深め、歳を重ねるごとに熟成させていきましょう。年輪に応じた雅楽の音色で輝きが色褪せないように。

暑くても寒くても、歩み続けましょう。
雅楽の音色は、日本人の魂。日本の素晴らしいお国柄を世界に広めていける人材に、自らが育つ努力を。


糸島 桜井神社奉納演奏

本日は糸島の桜井神社さんにて雅楽の奉納演奏をさせていただきました。

汗びっしょりになって、みんなで力を合わせてせいいっぱいの演奏をさせていただきましたよ。

氏子総代をお務めになった剣道の先生や、友人も駆けつけてくれました。

生徒の皆さん、お疲れ様でした。また次に向かって頑張りましょうね♪